top of page

高知・愛媛県の道の駅旅 新駅&リニューアル駅巡り 2023秋 day1

2023.11.3

高知県と愛媛県の新駅&リニューアル道の駅を巡ってきました。

2泊3日の旅程なので、飛行機&レンタルバイクを利用。

まずは羽田空港から、松山空港まで移動します。

空港からはタクシーで、ホンダドリーム松山南インターさんへ向かいました。

この度の相棒は、CRFrally250(S)。

何度もレンタルしてきたCRFですが、初の車高高いバージョン。シート高は880mm!

HONDAのスタッフさん、予約者名が女性ということで、足つきの心配をしていたようです。

両足でツンツン、お尻ずらせば片足が付くので、なんとかなるかな…と、若干不安でしたが、とにかく出発。

今回はエンデュリスタンのドラムバックを持ってきたので、バイクに積載。リアキャリアがあって良かった。

レンタルバイクって荷物の積載はNGだと思っていたから、いままでザック背負ってたけど、公式サイトの記事を見てシートバックの積載はOKだと初めて知りました。

今まで重たい思いをしていたのは、何だったのか…。


1日目に訪問した道の駅は全5駅。


  1. 天空の空さんさん

  2. みかわ

  3. ゆすはら

  4. 日吉夢産地

  5. 広見森の三角ぼうし



最初に向かったのは道の駅 天空の空さんさん。愛媛県の久万高原にある道の駅。

国道33号を、四国方面に向かって走ります。

途中、三坂道路はパスして、旧道へ。

交通量はほとんど無く、ワインディングを満喫です。


天空の空さんさん

国道33号沿いにあります。周辺は市街地で、信号や建物も多い場所。

まずはここで、四国スタンプラリーブックをGET。

2年前にも訪れているのでソフトクリームなどは食べずに、直売所をサクッと見て回るだけに。


お米の産地だそうで、ちょうど新米祭りをやっていました。

町内にはリンゴ農園も多いと、聞きました。


トイレで見つけた、売上げランキング。


人気No.1&2の焼きおにぎりとアップルパイを購入。


ベーカリーにも行ってみましたが、店内はレジ待ちの長蛇の列と、アップルパイの焼き上がり待ちで時間がかかりそうだったので、一度は並んでみたものの、断念しました。


バイク用駐輪場はトイレ前に屋根付きと、道路に面した入口近くの2カ所用意されています。

四国カルストや、石鎚スカイラインへの途中にあるためか、バイクの立ち寄り率は多いみたい。


早々に出発する予定が、なんだかんだで50分近くの滞在。

急いで次に向かいます。



みかわ

こちらも2年前に続き、2度目の訪問。

店内に入ると、なんだかレイアウトが変わっている。

しかも食堂(&テイクアウト)もできてる!


レジの向こう側にはミニコンビニがあります。

工芸品コーナーもできていました。

スタンプ設置場所は以前来たときと変わらず。


ここでも売上げランキング表を発見。

これがあると、何が売れ線か一目でわかるので便利。


梅豆腐。気になるけど、ナマモノだから買えないなー。


食堂のイチオシは、激辛イノシシカレーみたいで、売店で、レトルトカレーが販売していました。

食堂は川を眺めるロケーション。カウンター席もあるので、1人でも気軽に入りやすいです。



みかわを出発し、R33を高知方面へ。

山が紅葉で彩られて、きれいでした。


R33からR440に入り、檮原町方面へ。


途中、縁起の良さそうな「ごうかく駅」がありました。

受験生に人気のスポットなんだとか。


R197にはいり、まずは道の駅ゆすはらへ。


ゆすはら

リニューアル工事中で、道の駅は温泉施設の方で営業していました。


野菜や特産品を販売。ここにも梅酢豆腐が売っていました。

中でもイチバン気になったのは、たぬき油。

最後まで悩んだけど、手が出せなかったー。


そして、ここに来た目的は、日帰り温泉に入ること!

泉質はメタホウ酸イオン-フッ化物イオンの温泉。

少し浸かるだけで、身体はぽかぽかになりました。



温泉で温まったあとは、この日のメインイベント、四国カルストへ!!

前回は林道の西線から上がったので、今回は東線から上がりました。

天狗高原にて

連休の、しかも天気も良し!ということだけあり、姫鶴平には、ライダーとキャンパーがいっぱい。


カルストを満喫。走っていて気分最高でした!


ミルク園でトイレ休憩。

ソフトクリームとチーズケーキのセットをいただきました。


林道西線まで来ると、交通量はほとんど皆無に。

分岐を間違えそうになったり、車が全くいなかったりで不安になったり。

四国カルストを走破し終えると、すでにいい時間。

日がだいぶ傾いてきていました。


急ぎで宿に向けて走ります。

途中、スタンプをGETするため、道の駅 日吉夢産地に立ち寄りました。

ついでに、ここで晩ごはんの食材も調達することにしました。


日吉夢産地

国道320号沿いにある愛媛県の道の駅。国道197号から国道320号に入ってすぐ、山間地域に立地。


駐車場内にある、柚鬼姫の大きなオブジェがシンボル的存在となっています。


道の駅名物はバウムクーヘンで、入口入ってすぐにコーナーが設けられています。

バウムクーヘンやパンは、道の駅内にある工房で手作りされています。


鬼北町の特産品はキジ肉。

宿の囲炉裏で焼かせてもらおうと、キジ肉を購入。

淡泊な味と、しっかりとした食感で、おいしいんだよね-。

せっかくだからおいしい塩で食べたいな…と探したけれど、山間の道の駅だけに塩はなかったです。


屋外ではシャーベットハウスが営業しています。

そういえば、前回の訪問時は何も食べなかったと思い出し、名物の柚子シャーベットを注文。

柚子の風味が抜群でおいしいのだけど、日も暮れ始め気温も下がり始めた屋外では、氷菓は食べるのがツライ。ガタガタ手が震えてしまいました。

シャーベットハウスはというと、2023年11月から2024年3月末まで、改装工事のため休業になるそうです。


肌寒い中、頑張ってシャーベットを食べ、大急ぎで出発。

日は完全に山に沈んでしまいました。

次第に薄暗くなる中、ショートカットしようと住宅地の中を走ったり、道を間違えてUターンすることになったり。

そんな中現れたのが、「道の駅 虹の森公園まつの」の案内板。

見てしまったからには、スランプラリーのために立ち寄るしかない。

道の駅自体はすでに営業時間を終えていましたが、スタンプは屋外に設置されていて24時間押印可能でした。


そうこうしているうちに真っ暗になってしまった国道381号を、四万十町へと走リます。

街灯があまりない区間もあり、辺りは真っ暗。

なるべく車について走ろうと思いますがそうも行かず。

動物が出てこないかと内心ヒヤヒヤです。



この日の宿は「ライダースイン四万十」

2021年に四国へ来た際もお世話になった宿です。

予定より少し遅れて到着すると、すでに宴会が始まっていました。

オーナーさんのお友達グループと、男の子のソロライダー。

宴会に混ぜていただき、鮎の天ぷらや、鰹の刺身などなど、いろいろとご馳走になってしまいました。

この日はほかに2人のライダーが到着するとのことでしたが、なかなか来ず、2人の到着を待って、少ししてから解散となりました。


よく食べ、よく飲んだ夜でした!



0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page