四国九州 道の駅旅 day2

宮川内公園~祖谷渓キャンプ村

5月3日(日)


四国2日目は、早々にキャンプ道具を撤収してのスタート。

道の駅の開店前に、うだつの町並みを見に行きます。

うだつの町並みには、本瓦葺の屋根に、漆喰壁、2階部分にうだつをあげた豪華な建物が軒を連ねています。藍商人の屋敷だったそう。

藍で栄えた風景が残る町並みには、情緒があります。朝早いこともあり、人がほとんどいなかったことも良かったです。


鬼瓦がかっこいい!



藍ランドうだつ

うだつの町並みのすぐ隣にある道の駅。うだつの町並みを見る時は、ここを拠点にすると良いと思います。道の駅敷地内にも、蔵があったりと、趣があります。


物産販売所には美馬の特産品「美馬とうがらし」を使った製品がありました。辛いものは好きなので1つ購入。


この日回ったの道の駅は、ほとんどが吉野川流域にある道の駅。川に沿って西に進んでいきます。



貞光ゆうゆう館

私の好物でもある「半田そうめん」が特産品。半田そうめんとは、普通の素麺に比べて少し麺が太めです。太さでいうなら、ひやむぎに近いそうめんです。



直売所には、半田そうめんコーナーがありました。いろいろな製麺所があるんですね〜。どれにしようか悩む…。


つるぎ団子おいしそう。

手づくりの団子類や、ばらちらし、弁当類など、たくさん並んでいました。


こちらのレストランでは、半田そうめんを食べる事ができます。

11:00まではモーニングセットがメイン。半田そうめんは釜揚げのみでした。価格は400円。


半田そうめんを釜揚げで食べるのは初めて。この食べ方も美味しかったー!

1人前は1束(150g)と、結構ボリュームがあります。



みまの里

初訪問。美馬市にできた道の駅。直売所と、フードコートの2つの建物に分かれています。

ここにもあった、みまから。


他にも特産のみま唐辛子を使った商品があり、おやつ用におかきを購入しました。他にも美味しそうな地元銘菓がいろいろ。


産直コーナーには、美馬産の野菜がいろいろと揃っていました。

フードコートには、パン工房と、唐揚げ店、うどん屋が入っていました。



このあと少しルートを外れ、国道438号を香川方面に。ここでちょっと温泉タイム!国道438号を山の方に上がっていくと、トンネル抜けた先に目的の温泉があります。

雲行きが怪しく、少し雨がポツポツしてきました。


ことなみ

温泉施設が道の駅になっています。ここの「みかど温泉」は、平賀源内も絶賛の湯ということで、入浴してきました。「平賀」繋がりで入ってみたかったんです。200年の歴史がある温泉だとか。

見た目は白湯、入ってみるとほぼ透明のお湯。なんだか不思議~。温泉効果で、お肌すべすべになりました!

ちなみに泉質は、アルカリ性低張性冷鉱泉で美肌効果があるようです。冷鉱泉ということで、源泉温度が17.9℃と冷たいので加温ありです。


特産品などは、温泉のロビーで販売しています。


最中が絶対割れると思ったから買わなかったけど、レオモナカ、とても気になる!



温泉に入っている間に雨も上がり、再び来た道を戻り、吉野川沿いに出ます。


三野

吉野川沿いにあります。道の駅の売店は小さめですが、三好市の特産品が並んでいました。


ここで、中央構造線露出地点が見れるというので行ってみました!駐車場のはじに階段があり、そこから河原の方へ降りていきます。


どれ?


どこ?

辺りをぐるっと見渡したけど、どこが中央構造線露出地点か、わからなかった…(汗)


道の駅の目の前には吉野川が流れています。川幅がすごく広い!



2日目の道の駅巡りはここまで。あとはキャンプ場を目指します。

キャンプ場までは何とか天気が持って良かった。けど、このあと、雨雲レーダーの予想通り、雨が降り始めて雨の中のテント設営になるという…。しかも、結構寒い!


キャンプ飯には半田そうめんのにゅうめんを作り、みまからを入れて辛さで体を温めて、すぐ就寝。

持ってきていた防寒着をすべて着て寝たのですが、夜中、寒さでガタガタ震えるほど。ホッカイロを1つだけ持っていたので、何とかそれで耐えました。カバンに忍ばせておいてほんと良かった!


0件のコメント

最新記事

すべて表示