北海道道の駅巡り 20日目

最終更新: 2020年12月5日

摩周湖ユースホステル〜東横INNオホーツク網走駅前


行ってみたかった場所を巡る1日。

道の駅は1か所だけですが、ちゃんと道の駅グルメも堪能!

ぐるっと回って、再び網走に向かいます。


あいおい


外が明るくなり始めた5時に起床。

外は小雨が降っていました。雨の様子を伺いつつ、7時過ぎに出発の支度を整え始めます。

出発する頃には雨も止んでいました!


道の駅 摩周温泉の前を通ったら、まだ開店前。前日のうちに行っておいて大正解でした。

阿寒湖方面に向かって走っていると、青空が広がりはじめて。朝の雨が嘘のように、すっかりと良いお天気に!

急坂急カーブがが続くR241。朝早めの時間だったこともあり、車はほとんどいなかったのでマイペースで走れました。やっぱり山道は走ってて楽しいー!!!

寄り道をしつつ、オンネトーへ向かいます。

双岳台から見た雄阿寒岳


阿寒湖は以前見ているので、今回はパスして…その先のR240との分岐を足寄方面へ。しばらく走るとオンネトーの看板が出てきました。オンネトー周辺には、3ヶ所行きたい場所があって。

まず最初は、オンネトー湯の滝。

温泉が流れる滝です。温度はかなりぬる〜いです。どちらかというと常温に近いかな。


岩肌をつたい温泉が流れています。



続いてオンネトー。

とても神秘的な湖でした。場所によって、湖面の色が青や緑に見えます。後ろには雌阿寒岳も一望!



最後は野中温泉。山の中のの源泉掛け流しの温泉です。ガッツリ硫黄漂う、最高のお湯でした〜♪

この3か所はおすすめスポットの方で詳しく紹介することにします。


一旦阿寒湖方面へと戻り、分岐を今度は美幌町の方に曲がります。



あいおい

道の駅の裏手には相生駅舎を利用した交通公園があります。

除雪車かっこいい!鉄分補給〜♪


駅舎には、人懐っこい猫がいました。呼ぶと寄ってくるんです。可愛かった〜。


お昼ご飯は、道の駅内の手打ち蕎麦屋。北海道産の蕎麦粉(この時は摩周産でした)を使った田舎そば。道の駅内に工房があって、そこで手打ちされています。

あいおいセットを頼みました。お豆腐類も道の駅内の工房で作られたもの。お蕎麦もお豆腐もすごく美味しかったです!


デザートに、津別町産の有機オーガニック牛乳を使ったソフトクリーム。おいし~!


そして、名物クマヤキ。熊の形をしていて可愛い。どこから食べるか悩んじゃいます。全部で味は4種類あります。この中身は「生クリーム&粒あん」冷やしてあります。



冷蔵コーナーには豆腐類がたくさん並んでいました。


驚いたのは、豆腐がビニール袋に入って販売されていたこと。しかもサイズがかなり大きい!買って帰りたかったけど、さすがに悪くなりそうだし諦めました。バイクだと冷蔵品を持ち運べないのが悔しい…。


道の駅の中に豆腐工房があります。おからの入ったポリバケツが置いてあり、豆腐類を買った人はサービスでもらうことができます。



津別から美幌にかけて周りは一面玉ねぎ畑。ちょうど収穫の真っ只中で、掘った玉ねぎがきれいに並べられていました。美幌市内をパスするのに使った道道217→道道122→道道248が信号・交通量が少なく良いルートを発見。



そして再び網走。駅前のビジネスホテルに宿泊です。近くのスーパーで晩ご飯を調達し、部屋で軽く晩酌タイム〜♪

網走産と常呂産のホタテ食べ比べ。ホッキ寿司に、あいおいで買ったトマト。コストパフォーマンス最高の、美味しいおつまみでした!

0件のコメント

最新記事

すべて表示