利尻島 その1

利尻弾丸ツアーで行ってきた利尻島。

この島の目的は、トレッキングもあるけど、1番はバフンウニ。本場利尻のウニ丼を食べるために行ってきました。


14時過ぎに到着のフェリーで上陸。

フェリー乗り場の前に食堂が2軒あり、ウニ丼の看板が出ていたけど、変なところで食べて観光地価格だったら嫌だから、宿に行っておすすめのお店を聞いてから食べることに。


まずは、宿泊予定の“利尻ぐりーんひるinn”まで徒歩で向かいます。距離も2kmくらいだからちょうど良い距離。


途中、時間があったので立ち寄った海岸。

海の水が透明で、海の中が透けてます。こんなにきれいな海、滅多に見れない。

海草がゆらゆら揺れてました。


近くでは昆布干しをしている同世代くらいの方たちがいて。最初、通った時に写真を撮らせて欲しいと声をかけたら、帰りにお茶しませんかとリポDをいただきました。

喉が渇いていたし、疲れた体に効く〜!ありがたい。

ドリンクをいただいてる間に、しばしのおしゃべり。その時、衝撃の事実が判明して。

バフンウニを食べたくて〜、なんて話したら、

「バフンウニの漁は、8月いっぱいで終わっちゃったから、もう無いかも…」と。しかも、8月いっぱいとは言っても、漁自体はその何日か前に終わってしまったらしい。

行った日はちょうど9月1日。天気が良くなるのを待っている間に9月になってしまったんです。

これは大誤算だし、大ショック。

ただ、ムラサキウニ漁が今日からだから、ムラサキウニはあるかもとのこと。


宿に行き、バフンウニのおすすめの店を聞いてみる。やはり宿の方からも、漁が昨日で終わりで…と聞かされる。

だけど、もしかしたらフェリーターミナルのところにある漁協のくみあいストアに、まだ塩水ウニがあるかもしれないと、教えてもらう。宿に泊まるお客さんは安くウニ丼を食べるのに、そこでウニを買ってきて、宿でお米を炊いて、自分でウニ丼にするらしい。

お米は明日の弁当用に持ってきてる!

あとはウニを手に入れるだけ!!と、荷物を置いて港へ逆戻り。

ウニへの情熱で、15分で着きました(笑)


くみあいストアで冷蔵コーナーをは探すも、ウニの姿は見当たらず、レジの方に聞いたらやはり

「バフンウニの漁はもう終わったから、もうないです」


こうなったら、高くても食堂で食べるしかない!

本当は明日フェリーに乗る前に食べよう。

と考えていたけど、今日でバフンウニがなくな

ってしまったら絶対に後悔するから、先に食べてしまおうと。


さとう食堂のウニ丼(4200円)

ムラサキウニ漁が解禁して、この日から2色丼ができるようになったらしく(しかも、価格も安くなったらしい)、ウニ2種盛りで注文。

漁が終わったバフンウニは、塩水ウニで丁寧に保存してあるそうです。

濃厚なバフンウニに、あっさりとしたムラサキウニ。どちらも甲乙つけ難い美味しさ!!

お店のお母さんお手製の昆布の佃煮もすごく美味しかったです。

9月になってからきて、バフンウニもムラサキウニも食べれたから、逆にお得でした!


1度、宿に戻ってから、夕日を見るため夕日ヶ丘展望台へ。

夕日のスポットとということで、夕日を見るために人が集まっていました。

雲が出ていたので夕日は見れないかな〜と思っていたら、雲の切れ間から太陽が出てきて、礼文島に沈む夕日を見れました。



夜は翌日に備えておにぎり作り。

道の駅ライスランドふかがわで精米したお米。


つやつや〜

2.4合を全ておにぎりにしました(笑)

翌日のトレッキングに持っていきます!

0件のコメント

最新記事

すべて表示